ポーランド各都市訪問記: Zielona Góra(ジェロナ・グラ) (1/2)

訪問都市: Zielona Góra (ジェロナ・グラ)
訪問時期: 2018/5/2-4

ポーランド西部ののどかな街ジェロナ・グラの訪問記です。

Zielona Góraはポーランド西部・Województwo Lubuskie(ルブシュ県)に位置する都市で、人口は14万人ほどです。

私がここに行ったのは5月の初めのことです。日本にはゴールデンウィークというものがありますがポーランドでもこの時期に祝日が多く、majówkaという大型連休になっています。ちなみに5月1日はメーデー、5月3日は奇遇にも日本と同じく憲法記念日です。

私はこのmajówkaが大学の授業の関係で10連休(1日休みましたが)となったので出かけることにしました。私の彼女の中学からの友達で、現在はZielona Góraの大学に通っているAちゃんに「二人で遊びに来なよ!」と誘われたので2泊3日で行ってきました。

ヴロツワフからジェロナ・グラまで、電車で二時間余りの道のりです。電車の種類はPolRegioという中距離電車でした。PolRegioには初めて乗ったと思います。

途中の駅。Orzeszków(オジェシュクフ)という小さな駅ですが、ポーランド語でorzeszkiは「クルミ」を可愛く言ったような言葉なので面白くてつい看板の写真を撮りました。Orzeszkówの前にはŁososiowice(ウォソショヴィツェ)という駅もあり、これはłosoś(鮭)が元になっていてやはり面白かったです。

ポーランドには色々な笑える地名が多く、もっと下品なものや馬鹿っぽいものがたくさんあります。ちなみにこの前「ポーランドの笑える地名300」というポーランドのサイトを見ましたが、Łososiowiceはランクインしていました。

Zielona Góraに着くとAちゃんが迎えに来ていて、まずは家に荷物を置かせてくれました。「私は用事があるから二人で適当に散歩してきてね、おすすめはここここだから」と早くも彼女と二人行動になり、道もわからないまま出かけました。ちなみに観光スポットらしき場所はこの街にはないようです。

この街は長い間ドイツ領だったので、ドイツの名残があちこちにあります。

とりあえず地図を見ながらおすすめされたヤシの木園に向かいました。

ヤシの木園は丘の上にあります。

館内。水族館ではありませんがロビーがこのような感じになっていて、魚が泳ぐ水槽もありました。

ヤシの木園の内部。無料で入れました。ヤシの木以外の植物もありますし、レストランやカフェも兼ねているようです。

芸術作品の展示もありました。

ヤシの木の写真です。

最上階からはヤシの木園全体や街の景色を見渡せます。

上から撮った写真。

窓の外を撮りました。palmiarniaは「ヤシの木園」を意味する単語です。

人がほとんどいなかったので自由に見て回ることができました。

植物です。

ここでヤシの木園を出て普通に散歩を始めました。

住宅街のような場所を進んでいきます。

この建物は素敵です。

至る所にポーランド国旗があるのは、二つの祝日の間の日である5月2日(これらの写真を撮った日)がポーランド国旗の日であり、祝日ではないものの皆が国旗を飾るからです。旗をしまい忘れたのかしまうのが面倒なのか、それとも愛国心が強いのかはわかりませんがこの時期が終わっても飾られたままになっている旗をポーランドではたまに見かけます。

公園です。Zielona Góraは街中に大きな公園がいくつかあります。

緑に溢れていて素敵です。
残念ながらこの日は寒かったので散歩していると気持ち良いというよりも風邪を引きそうな天気でしたが、知らない街を気ままに歩くのは大好きなので楽しめました。

そろそろAちゃんの用事が終わる予定で、旧市街で待ち合わせをいていたので旧市街に向かいました。この後のことはパー