ポーランド各都市訪問記: Wałbrzych(ヴァウブジフ) クションシュ城

訪問都市: Wałbrzych (ヴァウブジフ)
訪問時期: 2018/5/5

ポーランド南西部にありポーランドで三番目に大きい城「クションシュ城」がある街ヴァウブジフの訪問記です。

Wałbrzychについて

Wałbrzychはヴロツワフを県都とするWojewództwo Dolnośląskie(ドルヌィ・シロンスク県)の街で、人口は11万人超(2017年)とポーランドの街にしては大きめです。

WałbrzychはKsiąż(クションシュ城)で観光客に知られており、この城はポーランドで三番目の大きさを誇る立派なものです。

ヴロツワフからはKoleje Dolnośląskie(ドルヌィ・シロンスク鉄道)という地方鉄道で1時間程度。この鉄道は設備面で充実していますが、その分切符も高いです。私がヴロツワフから行ったときは片道14zł(当時のレートで約430円)程度だったと思います。

訪問の経緯

私は次のようないきさつでWałbrzychに行くことになりました。

当時はmajówkaというゴールデンウィークと同じ時期にあるポーランドの連休中でヴロツワフに滞在しており、彼女と一緒にジェロナ・グラなどに旅行して休暇を満喫していました。

彼女が実家に帰省しなければいけないということで私も5月4日に留学先であるカトヴィツェに帰る予定だったのですが、私のカトヴィツェの寮のルームメイトから「今寮に彼女来てるから今日じゃなくて明日帰ってきて!頼む!」という図々しいメッセージが来たので私はヴロツワフに一日長く残ることにしました。

彼女がヴロツワフにいればタダで泊まれるのですが、帰省してしまうのでお金を出して市内のホステルに泊まらなければなりません。少しの不満を覚えながらも、ヴロツワフ近郊を観光するチャンスだと捉えて行き先を探しました。

ちょうどWałbrzychがヴロツワフの近くにあり、クションシュ城の評判を以前から聞いていたこともあって5日にお城を観に行くことにしました。

ちょうど携帯が壊れていたので、4日のうちにヴロツワフ市内で新しい携帯を買ってから休息をとり、5日に朝からWałbrzychに行ってそのままヴロツワフからカトヴィツェに帰るという計画です。

ルームメイトはこの後も幾度となく同じ手口で私をカトヴィツェの寮に帰らせまいとしましたが、ルームメイトが私の住んでいる部屋に彼女を泊めるために私が自腹でホステルに泊まらなければいけない理由はないのでこのような要望に応えてあげるのはこれっきりでやめました。

ちなみにいつだかこういう会話もありました。

私「ホステル代さえ出してくれるならいつでもカトヴィツェ帰るの延期してあげれるんだけど」
ルームメイト「いや、お金ないから無理だよ」
私「ところで、いつも彼女の方がカトヴィツェに来てくれてるみたいだけど自分で彼女の住んでる街に行くのは無理なの?」
ルームメイト「彼女が相部屋に住んでるからホステルに泊まらないといけなくて、部屋狭いし暑いし一泊20złかかるし、ホステルに20zł払うくらいなら一週間分の食料買うわ」

呆れるような理論です。しかもヴロツワフの方が宿は高いです。もしかすると日本人にはお金持ちというイメージがあってそこにつけこもうとしていたのかもしれません。

到着

話をWałbrzychに戻しましょう。私はWrocław Główny(ヴロツワフ中央駅)から電車に乗り、Wałbrzych Szczawienkoという駅で降りました。Wałbrzychにはいくつか駅があるのですが、私がここで降りたのはお城に最も近そうだったからです。

駅周辺。新しい携帯を買ったのでそれを使っていたのですが、カメラのレンズのところに青い保護シートが貼られていることに気付かずにいたのでこの時の写真は全て青みがかっています。当時はこの携帯のカメラの色合いがこういう特徴を持ってるんだろうななどと思っていました。

この街に着いたのは10時過ぎですが、お城の見学が長くなるとカトヴィツェに帰るのが遅くなってしまいそうなのでそのままお城へ向かいます。

Wałbrzychは人口が多いだけでなく広いです。私が歩いていたのは中心街ではないので建物は少なめでした。

 

完全に郊外です。お城があるのは街の外れの方なので、ここまで20分は歩いたと思います。お店はあまり見当たらず、お腹が空くと困ると思ったので見かけたお店でエクレアを買って食べました。

このあたりにお城への道を知らせる看板があったので通りを外れていきました。お城はKsiążański Park Krajobrazowy(クションシュ風景公園)という公園の中にあり、周りは自然に満ちています。

クションシュ城

お城への道のりが始まりました。

素晴らしい田舎の風景です。

ここからお城までも少し歩かなければなりません。道は舗装されていませんでした。

自転車を押す男性が写っていますが、私はこの人に話しかけられました。この県に住んでいるおじいさん(町の名前は忘れました)で、かなりの歳に見えましたがいつも長距離サイクリングをしているそうです。

毎年一度はクションシュ城に来るらしく、この日より少し前にお祭りが行われていたことなども話してくれました。

「俺は何十年も前から毎年ここに来てるが、数十年前はクションシュ城も全然観光地として栄えてなかったし、ここら辺は荒れ放題だった。最近行政が頑張って城周りを綺麗にしたおかげで今では観光客がたくさん来るようになったんだ」と言っていました。

この門の先はお城の敷地です。短い道のりではありませんでしたが、おじいさんは徒歩の私と同じペースで行ってくれました。

お城に着く前に横道があるのですが、そこを進むとクションシュ城を眺望できるスポットがあります。かなり歩きにくい道で一歩間違えるとケガをするような場所だったので私は一人で行きました。

これがクションシュ城。この携帯だと何枚撮ってもぼやけるなーと思っていたのですが、それはもちろん保護シートのせいです。もったいない。建築は素晴らしいですね。

道に戻るとなんとおじいさんは待ってくれていました。

入り口が見えてきました。

手入れされていて綺麗な場所です。

この白い建物の先はいよいよお城で、チケット売り場が右手にあります。この時点で11時過ぎでしたが、私は30分も並びました

おじさんは先に並んでおけと私に言って自転車を停めに行ったので私は一人で並んでいました。ちょうど列の形の関係でかなり後ろに並んでいるおじいさんが近くに来た時に声をかけてみると、俺を待たなくていいから先に城を見てこい、ということだったのでおじいさんとはここでお別れです。

なお、チケットは高いです。まずガイドあり・なしを選び、次に見学範囲を選びます。城+テラス+ヤシの木園(街中にあります)、城+テラス+ヤシの木園+厩舎、テラス+ヤシの木園の三種類があり、私は城+テラス+ヤシの木園を選びました。30zł程度払った記憶があります。

今インターネットでオンライン購入のページを見ていますが、ここでは私のものと同じチケットは34złとなっています。高いと言っても、日本円にすると1000円くらいなので買える値段ではないでしょうか。

城の中も今回は写真で紹介しませんが素敵です。城内については別の独立した記事で紹介します。

城とテラスが見たいだけでヤシの木園に行く予定はありませんでした(そもそも3日前にジェロナ・グラでヤシの木園に行きました)が、どうしてもヤシの木園のチケットはついてくるようです。

お城の前には小さな通りがあり、レストランなどが並んでいます。

<