ACミランの新エースPiątekの読み方が「ピオンテク」というのは間違いです

今回もスポーツに絡めて書いてみます。イタリアの有名なサッカーチームACミランに移籍してきて大活躍しているポーランド人選手Krzysztof Piątekの読み方について、日本で議論があるようです。

私はポーランド語に関するツイートを検索しながらこれを見守っていたのですが、「ピアテクとピョンテクは間違いで、ピオンテクが正しい読み方だ」という説が最終的に拡散されたようです。

ただここで「ちょっと待った」です。私はポーランド語がわかるのですが、「ピオンテク」はありえません。カタカナ表記するなら「ピョンテク」しかありえません。それなのに「ピョンテクではなくピオンテク」という誤った情報が広まってしまって非常に危険だと思ったので、この記事でしっかりこの名字の読み方を解説することにしました。

ピオンテク説を唱える人々

それでは、そもそも誰が「ピオンテク」という読み方を支持しているのでしょうか。

実況者

まず、サッカーの実況者の北川義隆さんという方が、Piątekの読み方を調べてきて「ピオンテク」だという結論に至り、実況をするときに広めているそうです。これはまずいですね。

ただし、この人はポーランド語がわからないと思うので、仕入れた情報が正しいか間違っているか自分で判断することはできません。ポーランド語がわからないというのは悪いことではないので、ある程度仕方ないと思います。

ピオンテク説を唱える記事

さらに、こんな記事を見つけました。これを読んだのが、この記事を書こうと思った直接的な理由です。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=53363

ここから引用していきます。

当初の誤読

18年夏にジェノアに加入した当初、ほとんど無名だった関係もありイタリアでは、いわゆるローマ字読みで「ピアテク」と呼ばれていた。

「ピアテク」は3つの説のうち最も正解から遠い読み方ですが、これは仕方ないですね。イタリア語にはąの文字がないので、素直に読むと「ピアテク」になってしまいます。

ラテン文字表記の国同士であれば、外国人選手の名前を自国流に発音するというのは普通のことです。スポーツ選手の数は多いので、いちいち調べてもいられませんからね。

なお、日本では最初「ピョンテク」という表記が主流だったようです。これが変わってきたのは最近のことらしいですね。

ポーランド人による指摘

かつてユーベやローマで活躍したズビグニェフ・ボニエク(現ポーランド・サッカー協会会長)がこう指摘する。

「ピアテクではない。ピオンテクだよ」

ここでポーランド人が出てきました。ズビグニェフ・ボニエク(Zbigniew Boniek)というポーランド語母語話者の発言です。本当は彼の名字も「ボニェク」でなければいけないのですが…

これは一見説得力のある論拠ですが、この人は日本語で発言したわけではありません。彼が日本語ではない何か他の言語で話していたのを日本人が文字起こししたものが、この「ピオンテク」というわけです。

つまり、この人が直接「ピオンテク」というカタカナ表記にGoサインを出したわけではないことがポイントです。「ピアテクではない」という部分は正しいです。

ポーランド語の発音

ポーランド語の特殊文字である「ą」は、単独だと「オン」と読む。ボニエクや本人はもちろん、ポーランド人の発音を聞くと、たしかに誰もが「ピオンテク」と言っている。

ąが単独では「オン」になる、これは正しいです。あくまで「単独では」という条件の下でですが。鼻母音ではありますが、カタカナに直すなら「オン」しかありません。

ポーランド人の発音を聞くと「ピオンテク」だ、ということについては、これを書いた人の耳を疑うしかありません。後で説明しますが、Piątekのiは母音ではありません。「ピオンテク」というカタカナ表記は、母音の「イ」がないと成り立ちませんよね。

ポーランドに詳しいサッカーライター

ただ、ポーランドに詳しいサッカーライターによれば、「なぜピョンテクになったんでしょうか……。完全に間違っていますね」とのことだった。

さて、このサッカーライターの方はポーランド語がわかるのでしょうか。ポーランドにいる日本人の大部分はポーランド語が話せないということを考えると、定かではありません。ポーランドに詳しいからといってポーランド語に詳しいとは限りません。

このように、「ピオンテク」説を支持する意見は一見強力です。実況者が「ピョンテク」読みを丁寧に訂正する、ポーランド人レジェンドが「ピオンテク」だと言う、ポーランドに詳しいサッカーライターも「ピョンテク」を完全に間違いだと言う…

ポーランド語がわからないファンなら普通信じますよね。

なぜ「ピョンテク」が正しいのか

ここから固まりつつある「ピオンテク」説を覆していきます。

辞書におけるカタカナ表記

まずは、日本で出版されているポーランド語教材の中でも最も重要なもののひとつである「白水社 ポーランド語辞典」(木村彰一編, 1981)を見てみましょう。

この辞書は独自のカタカナ転写法を導入し、それに従って見出し語すべてにフリガナをふっています。インターネット上でポーランド語に関する情報を発信している人の多くは自己流の転写法を使っていますが、私の意見ではこの辞書の転写法が最も合理的です。

piątekはポーランド語で「金曜日」を意味する一般名詞でもあるので、ここに読み方が載っています。ここでは「ピョンテク」と書かれています。

音声学的解説

さらに、ポーランドの大学のポーランド語学科に留学したこともありポーランド語を言語学的な視点で学んでいる私が、ポーランド語音声学の知識を使ってpiątekという単語の発音の解説をしましょう。

piątekは、[pʲɔntɛk]と発音します。不思議なアルファベットで書いてしまいましたが、これは国際音声記号といいます。世界中の言語にある音を同じ文字体系で表すための記号です。これが読める方ならすでにPiątek問題は解決したと思いますが、この記事はこれが読めない読者も想定して書いています。

まず、t以降は「テク」で問題ないので無視して大丈夫です。これから”pią” [pʲɔn]の部分を解説します。

ɔという記号は母音の「オ」です。先ほどąは鼻母音であると書きましたが、鼻母音ąは後に来る音によって発音を変えます。これは人間の口の中で自然にそうなるからで、覚えなければいけない規則ではありません。piątekの場合は後にtがきているので、ą = [ɔn]になります。

pは日本語で「パ・プ・ペ・ポ」と言ったときに共通する子音の部分に相当します。pの右上に小さなjがついて[pʲ]となっていますが、これはポーランド語に特徴的な発音で「pの口蓋化子音」といいます。

子音が口蓋化すると、子音に「イ」の響きが加わります。例を出しましょう。[pa]は日本語の「パ」と同じですが、[pʲa]は日本語の「ピャ」と同じです。どちらもポーランド語に登場する音です。実はこの点でポーランド語と日本語の発音は似ています。

大事なのは「イ」の響きが加わるものの「イ」という母音はここにはない、ということです。この響きはあくまでpという子音の一部なのです。

ポーランド語表記にはpiątekのようにiが書かれていますが、他に[pʲ]という口蓋化子音を書き表しようがないためiという文字を借りてこれを表しているのです。ポーランド語表記にiが出てきた場合、母音の「イ」を表すこともあれば口蓋化を示す記号になっていることもあります。piątekのiは口蓋化を示す記号です。母音ではありません。

[pʲa]が「ピャ」なら、[pʲɔ]は「ピョ」ですよね。偶然にもこれは本当に日本語の「ピョ」に似た音です。母音の「イ」はここに存在しないということも踏まえると、どう頑張っても「ピオ」とは書けません。

ここまで説明してきた前半の[pʲɔn](ピョン)と後半の[tɛk](テク)を合わせるとピョンテクですね。したがって、「ピョンテク」という表記が完成します。

下の名前のKrzysztofは「クシシュトフ」と読みます。そのため、「クシシュトフ・ピョンテク」と書くのが最善策です。

ポーランド人はサッカーが大好きなので、自分の国からスター選手が誕生したことを喜んでいることでしょう。しかし、ポーランド人の誇りでもあるポーランド語を誤読されてしまったら喜びも半減です。「ピョンテク」読みが再度浸透すれば良いなと思います。

「ACミランの新エースPiątekの読み方が「ピオンテク」というのは間違いです」への12件のフィードバック

  1. サッカーにあまり興味がないので背景や影響はよくわかりませんが、単純に読み物として面白い記事ですww

    ちなみに、僕はポーランド人というとまず思い浮かべるのはMichał Kwiatkowskiという人なんですが、、、
    TVの実況では最初の頃「クヴィアドコウスキィ」といってたと思うんですが、テロップはたしか全く違ってて、今見たら日本語Wikiもまた違うみたいで・・・結局、正解はどれが一番近いんでしょね(^^;;;

    1. おおお、こんな記事にまでコメントしてくださりありがとうございます!
      記事で紹介した辞書の転写法に従えば、Michał Kwiatkowskiの場合は「ミハウ・クフィャトコフスキ」となります。私自身もこう書きます。ポーランド語は99%の場合スペルを見ただけで発音がわかる親切な言語なのですが、そのためにはかなりの数の規則を知らないといけないという側面もあります。そのため素人が転写するのは難しいです。

      1. あちこちどうかとは思ったんですが、ほんとに面白い記事ですし、枯れ木も山の賑わいかなとは思ったりで。。。

        ありがとうございます!
        やはり見たことがない表記ですね・・・一字も濁らないんですかって、すげー難しいんですがw
        TVでレースを見ながら本当はどういうんだ?といつも話してたので、なんとか習得して嫁に披露してみますw

        1. 結局この記事はかなり読まれたので、書いてよかったなと思います。これでピョンテクになるかどうかはまだ別問題ですが。

          ポーランド語が分かる日本人は探せば見つかると思うのですが、ほとんどのメディアはそういう人たちに確認しないんですね。ポーランド語がわからないとしても、国際音声記号(IPA)がわかる人に英語版ウィキペディアを見てもられば一発なのに…と思ってしまいます。

          クフィャトコフスキは言いにくいですしカタカナではどこが子音だけでどこに母音が入るのか表せませんが、だいたいこんな感じです 笑

          この機にポーランドのミュージシャンの表記もどうにかしてほしいですね。この前お話したQuidamのボーカルにしても、Emila Derkowska(エミラ・デルコフスカ)にわざわざ「エミラ・ダーコウスカ」という変なフリガナを振っている記述の多いこと多いこと…
          これが怖いので、私のブログでは勉強したこともない言語にはフリガナを一切つけません 笑

          1. 「最近のコメント」は5件まで表示なんですね(^^;;;

            メディアはコピペ上等のようなので、それがデフォなんでしょ、、とすぐに切り捨てちゃうのはダメ人間の悪い癖か。。(^^;;;

            他国語の母国語読み(?)はどこも変ですねww
            そのクフィャトコフスキの件も、日本語読みだけじゃなくて、欧州各国でのレース中に、地元の実況での選手名の呼び方もそれぞれの国で違うので、「・・・で、どれがあってんだよ?」とついツッコんでしまってたのが発端だったり(^^;;;

            Emilaのは気にしたことなかったのですが、たしかにググったらほぼそれですね(^^;;;
            出どころは1stのライナー(マーキー製)ですかね?
            Queensrycheは昔の邦盤ではクイーンズライチでしたけど、いつの間にかクイーンズライクになってた、みたいな感じで。

            1. 「最近のコメント」は、確かデフォルトが5件なだけで変えられた気がします。変えましょうか 笑

              ラテン文字を使っている国ならその国の言葉の読み方に引っ張られるでしょうし、日本人なら英語読みに引っ張られるでしょうし、大変ですね 笑 Kwiatkowskiはある程度よくある名字ですが、綴りだけ見ると難しいですね。
              似たようなケースではDisperseのJakub Żytecki(ヤクプ・ジテツキ)が「ザイテッキ」になっているのをよく目にします。下の名前の方は書く人によりますが、しっかり「ヤクプ」(プは点々じゃなくて丸がつくプ)になっているのは見たことないです。

              Queensrycheはどっちなんですか?聴かないのでどっちが正しいのかわかりません 笑

  2. 突然コメント失礼します
    私はイタリアのサンプドリアと言うチームの大ファンなのですが、そのサンプドリアにもポーランド人が3人います(1人は今レンタルで放出中ですが・・・)
    その3人の正しい発音を教えて頂けたらと思います
    お時間ありましたら、よろしくお願いします。
    Bartosz Bereszynski
    Karol Linetty
    Dawid Kownacki

    1. コメントありがとうございます。

      Bartosz Bereszyński… バルトシュ・ベレシンスキ
      Karol Linetty… カロル・リネッティ
      Dawid Kownacki… ダヴィト・コヴナツキ

      以上のようになりますが、Linettyは難しいところです。というのも、当記事で紹介した辞書の転写法に従えば「リネッティ」になるのですが、実際のところtは2回発音されるので私なら「リネトティ」と書くかもしれないからです。ここは意見が分かれるはずなので、断言できないことをご了承ください。

      1. ありがとうございます!
        私、サンプドリアのblogやってるのですが、これからはこの日本語表記で彼らを呼びます。
        個人的には仕事とサッカーでイタリアばかり行ってるのですが、ポーランドも好きなのでいつか行ってみたいと思います。その時はまたご質問させていただくかもしれませんが。
        ありがとうございました。

        1. どういたしまして!
          同じくブログを書かれていると聞いて親近感がわきました。
          イタリアには行ったことがないのですが、しゅーさんは何度も行かれているんですね。ポーランドも魅力的な場所なのでぜひ!

  3. なんか返信ボタンが出ず(上限4?)、新しいスレッドになってしまいますが(^^;;;;

    3箇所書き込んでしまうとコメント履歴が3×2=6で自分関係だけで埋まるのもどうか、、と思いまして(^^;;;

    Jakubでヤク「プ」なのは、ほぼ日本人には理解不能ですねw
    功罪はあるんでしょうが、中国みたいに意訳で無理やり当て字されても訳がわからないので(端から見ると笑えますがw)、やはりカタカナ表記はありがたいな、と思ってしまいます。

    で、失礼しましたーw<Queensryche
    結構、色々通じるようなので考え無しで書いちゃいましたw
    クイーンズライクがより近いようです。
    他にも、このパターンは結構あるようで、(全く範囲外なのは承知でw)ARCH ENEMYは最初は「アーク・エネミー」表記でしたが、いつのまにか「アーチ・エネミー」になってて、今は後者で通っているようですw
    おかしいとわかったらさっさとなおせ、といういい例ですねw

    1. そこの値を10まで上げられるようなので上げてみました。これで返信できるようになってればいいのですが、、、
      「最近のコメント」の表示数は自由に設定できるのでとりあえず10にしてみました。普段コメントしてくれるのがメニさんだけなので何も変わらないかもしれません 笑

      すみません、色々聴いているようで有名どころ押さえていないので、本当に趣味の合う人としか話通じないタイプです 笑
      手遅れになる前に変えた方が後々良いですもんね。カタカナ表記の世界は深いです 笑

コメントを残す